立川駅から徒歩3分!iPhone・iPadの修理、買取などのご相談はアイフォンドクター立川店へ

042-512-8500

REPAIR BLOG修理ブログ

iphone パーツ

  • #

    iphone パーツ

  • #

    純正同等品

  • #

    互換品

2018.01.28
iphoneパーツ

こんにちはiphoneドクター立川店の飯田です。

今日はiphone修理のパーツについてお話していきます。

iphoneの部品は純正同等品と互換品で大きくは分かれて行きます。

これは画面やバッテリーからスモールパーツのカメラやスピーカーなど全て大きなカテゴリーで分別する事が出来ます。

まずは純正同等品の定義からお話すると、純正同等品は純正と変わらない品質になります。

お店によっては純正品と言う場合もありますが弊社はappleから購入していない以上語弊の無いように必ず純正同等品とお伝えしています。

フロントパネルで言うと違いは液晶が純正品かどうかで呼び方が変わります。

appleからパーツを購入しているお店は正規代理店以外はありませんので町の修理屋さんで言う
純正同等品とはリフレッシュ品いわゆる割れたiphoneのガラスから純正の液晶を取り出し新しいガラスを取り付けて部品とした商品や、端末取りというiphoneの端末をばらして部品をとる商品があります。

純正同等品の特徴としてはやはり液晶が純正なので、表示の色合い、タッチの精度、バグの発生頻度、故障リスクなど様々な点で互換品と比べて優位になります。

弊社では+3000円で純正同等品をお付けできますので安価で高品質な部品で修理が可能です。

こちらを選ばれるお客様の特徴としましては
品質に拘る方
色合いに拘る方
長期利用予定の方
故障のリスクを減らしたい方

こういった方が純正同等品を選んで頂いております。

互換品は定義としては液晶がapple純正のものではない商品になります。

国内、国外のあらゆる液晶メーカーさんが開発した液晶で作られています。

そのメーカーさんによって色んな特徴があります。

こちらは、安価で仕入が出来るので町の修理屋さんの殆どが使用している商品になります。

メーカーや、その製造時期にによって品質にばらつきが出てしまうので
弊社はその時期に一番品質がいいメーカーさんの商品で購入し、購入前と購入後取り付け前の3回操作の確認を取ってからお出ししております。

この商品を選ぶお客様の特徴としてはやはり安価に修理をしたい方が多いので
短期利用予定のお客様が多いです。

次何かあったら機種変更しようと考えて取りあえず安く直したいとのご意見が多いです。

互換品も語弊が無いようにお伝えさせて頂くと、使えないわけでは無いですし、特に変な商品と言うわけでもないです。

ただ純正同等と比べてしまうと劣ってしまうと言うだけなので

要はその時のご自身の状況に応じて使い分けが大切かと思います。

リスクとのバランスが重要かと思います。

例えば小さいお子様には生命保険は必要ないですが
生命保険自体が必要とされていないわけではないのと同じです。

その当たりのアドバイスも店舗で行っておりますので
iphoneのパーツはどの品質がいいか迷ってしまったら相談ください。

ちなみにスモールパーツはよっぽどのお店で無い限りは純正同等の部品を使用しております。

バッテリーに関しては使用出来る商品が限られるのですが
弊社は純正同等または純正同党のチップ搭載のPSEマークが取れている商品しか使いません。

粗悪なバッテリーは端末の寿命を短くしてしまう恐れがありますし、最悪基板ショートの可能性もあるので逆に粗悪なものは怖くて使えません。

水没のお客様にもバッテリー交換お勧めするのは同じ意味合いがあります。

水没ショートしたバッテリーを使用して起動しなくなる可能性もあるので基本は使えてても交換はお勧めしています。

今日はiphoneのパーツについて書いていきました。

それではまた!!

フェイスブックでシェア
この記事をツイート
LINEで送る
ページの先頭へ
電話でお問い合わせ12:00〜21:00(木曜定休)
メールでお問い合わせ24時間受付