立川駅から徒歩3分!iPhone・iPadの修理、買取などのご相談はアイフォンドクター立川店へ

042-512-8500

REPAIR BLOG修理ブログ

まだ間に合う! バッテリー劣化が進んだら起こる3つの事

  • #

    iphoneバッテリー

  • #

    劣化

  • #

    電源入らない

2021.01.10
バッテリーが劣化したら起こる3つの事

iphoneのバッテリーが劣化をすると何が起こるのでしょうか?
バッテリーは充電の回数で劣化をしていきますので
充電が多い方の方が早く劣化が進みます。
今日はiphoneのバッテリーが列化した際に起こることを書いていきます。

 

①充電の持ちが悪くなる

劣化してまず体感できる症状は持ちの悪さが目立つようになります。
appleは最大容量85%以下は故障と定義していますが最大容量が90%を下回ると持ちの悪さが目立ってきます。
朝100%で出かけて夕方にはほぼ残量が無いなんて方もいます。
 

②電源が突然落ちたりフリーズする様になる

更に劣化が進むと充電の残量はあるのに電源が落ちて起動させると残量が残っている
何で落ちたの?って症状や電源が落ちて起動時に残量%が増えたり減った残量表示がおかしくなったり、アプリ起動中に固まり動かなくなるフリーズが多くなります。
 

③電源が入らなくなる

 最後は電源が入らなくなります。
充電しても%は増えずに起動に至らない状態や充電マークすら出ない状態になります。
 

皆様に当てはまる症状はありましたか?

 殆どの方は②の電源落ちが目立つようになると、どうにか対処しなければと考えるみたいです。 
突然のシャットダウンが目立ち始めると次は電源が入らなくなるので、対処するにはボーダーラインとなります。

バッテリーが劣化した時の対応

バッテリーが劣化した際はバッテリーの交換が必要になります。
アップル又は民間の修理店で行うことが可能です。
どちらもデータは消えませんがどちらもデータが残る事を保証はしませんので
好みで使い分けでいいと思います。
 
アップルの場合は予約は必須ですが民間の修理店は
当日にそのまま来店しても対応が可能な会社が多いです。
電源が入らない状態の場合はアップルではバッテリー交換では無く
本体交換になる可能性が高いので費用はよく確認してください。

フェイスブックでシェア
この記事をツイート
LINEで送る
ページの先頭へ
電話でお問い合わせ12:00〜21:00(木曜定休)
メールでお問い合わせ24時間受付