JR立川駅から徒歩3分!iPhone・iPadの事ならお任せ!

HOME > 修理ブログ一 覧 >  スマホの大切なデータを大雨から救う方法

スマホの大切なデータを大雨から救う方法

最近は大雨や気温の上昇で
iphoneの故障が増えています。

少し濡れただけだから平気だろうで放置して
結果として電源が入らなくなって大事なデータを失うなんて事にならないように、少しでも変だなと感じたら早めに検査をする事が大事になります。

iphoneX以降は防水と思ってる方が多いですが
あくまでも耐水程度と考えて下さい。

実際にiphoneX以降の機種の水没修理は
かなり多くご来店されます。

iphoneは故障前に動作の不具合が起こるケースが多いので、濡れてしまった後にタッチの誤作動や液晶の表示の不良、スイッチ系の動作不良などおかしな動作を感じたら、早めに修理店に持ち込んで検査をする事が大切なデータを守る事に繋がります。

iphoneドクター立川店は対面で初期検査を行い、簡易的な部品交換などで完了する修理は目の前で行なえます。

水没や高温でのバッテリー不良なども幅広く対応が可能ですのでiphoneの故障でお困りでしたらiphoneドクター立川店にお気軽にご相談下さい。

立川駅南口から1番近い修理店です。

PAGE TOP

ページの先頭へ