JR立川駅から徒歩3分!iPhone・iPadの事ならお任せ!

HOME > 修理ブログ一 覧 >  iphoneの画面交換のクオリティの違いとは?

iphoneの画面交換のクオリティの違いとは?

こんにちはアイフォンドクター立川店の飯田です。

iphoneの画面交換のクオリティの違いは何だと思いますか?
それは作業をするスタッフの技術や使用する部品のランクは勿論あると思いますが
一番は作業スタッフの考え方で差が出てきます。

iphoneの画面交換は、単純な作業で誰でも慣れればすぐに出来るようになります。
最初の頃は、少しでも丁寧にを心がけていたスタッフも慣れてくると手を抜くようになってしまいます。

今回の修理はiphone7plusの画面の交換でしたが
中を開けると耐水テープは貼っていないしビスも無くしてしまっていて数本無い状態でした。

耐水テープはお店やスタッフの考え方で張り直しても耐水性能に大した差が生まれないのであれば
貼り直さないと考える人もいるとは思います。

ビスも正直数本無くても大した支障は出ないと思います。

ただ来店して頂けるお客様はお店を信じて大切なアイフォンを預けています。

大した差は無いから伝えなくていい訳ではないと思います。

私の個人的な考えですが仕事は全て相手の事を考えて理解して成立するものと考えています。

少しの気の緩みでせっかくいい部品を使用していても、すぐに故障してしまう事もありますので
少しでも長く大切に使って頂けるように気配りしながら修理をすることがクオリティに繋がっていると信じています。

アイフォンドクター立川店では対面での修理です。
まずはお話ししてからお客様の求める事を理解したうえで最適と思われる内容をお伝えしてから、それが修理なら、そこから修理を始めていきます。

私の考えは全てのスタッフに伝えていますので
まずは、しっかりと会話をしてから、雑談しながら修理を進めていくお店です。

会話が苦手だったり、お忙しい事情もあったりすると思いますので
お客様の判断で外出して後で取りに来ることももちろん可能です。

アイフォンの故障でお困りでしたらお気軽に電話またはご来店でご相談下さい。



PAGE TOP

ページの先頭へ