JR立川駅から徒歩3分!iPhone・iPadの事ならお任せ!

HOME > 修理ブログ一 覧 >  iphoneの充電部分(ドッグコネクター、ライトニングコネクター)の故障事例と修理方法

iphoneの充電部分(ドッグコネクター、ライトニングコネクター)の故障事例と修理方法

こんにちはアイフォンドクター立川店の飯田です。

今回は最近意外と多い故障の修理について書いていきます。

最近増えてきた故障の一つとしてiphoneの充電部分(ドッグコネクター、ライトニングコネクター)の故障事例と修理方法について書いていきます。
本記事は3分ほどで読むことが出来ます。

事例①
充電中の落下による、充電部分の物理的故障

こちららiphoneを充電中に落下や衝撃で充電器の一部が内部に取り残されていたり
差し込み口金属の歪みによるライトニングケーブルの差し込み不可な状態になっています。
特にiphone8,iphone8plus,iphoneXで多いです。
寝てるときに充電しながら操作中に落下させてなってしまうことが多いみたいです。

この症状の修理は充電部分の部品を取り外し、差込口の歪みの修正をして部品も交換して対応していきます。

修理時間は1時間程度が目安です。
費用はiphone8系は8800円、iphoneXは12800円です。

事例②
充電不良

こちらは特に目立つ原因に心当たりがないお客様が多いです。

充電のしづらさを感じながら使用していて突然充電が全く出来なくなってしまうお客様が多いです。

原因としては気づかないうちの水没(雨に濡れた、少し水がかかった、お風呂で使用中の水蒸気)と適正電圧以外の負荷がかかっている事が多いです。

iphoneの防水は完璧ではないので過信で気づかない水没や、車内での充電や安価なケーブルでの規格外の充電や海外での充電などの
電圧的の負荷が原因の事が多いです。

こちらは充電接続部分の部品(ライトニングコネクター)の交換又はバッテリー交換で修理していきます。

修理時間は1時間が目安です。

費用はiphone8系がバッテリー交換が6800円、ライトニングコネクター交換が8800円
iphoneXがバッテリー交換が8800円、ライトニングコネクター交換が12800円です。

最近多いiphoneの故障事例のご紹介でしたが
これらの症状は充電が出来ないイコール使用できないので、データを失うのではないかとご不安になったり、
使えない事によるご不安を感じる方が多いので、すぐに修理したい、即日修理をしたいとのご要望が多いです。

iphoneドクター立川店では即日修理が可能ですので、iphoneの充電に関するトラブルでお困りでしたら
042-512-8500まで、お気軽にご相談下さい。

21時から5時までの夜間などで、緊急なご要望は042-508-2633までご連絡下さい。
24時間出張修理のお店に繋がります。

お客様のすぐに対応する企業でありたいと考えています。

PAGE TOP

ページの先頭へ