JR立川駅から徒歩3分!iPhone・iPadの事ならお任せ!

HOME > 修理ブログ一 覧 >  突然iPhoneの画面が消え、電源がつかない状態における8つの対処法

突然iPhoneの画面が消え、電源がつかない状態における8つの対処法

友達とのLINE中に突然iPhoneの画面が消え、ホームボタン、電源ボタンを長押ししても電源がつかない状態。
最悪の場合、写真や連絡先のデータが消えることも。
修理する前にまずは今すぐ自分でできる8つの対処法をお伝えします。

 

1.再起動(電源ボタンとホームボタンを同時に15秒押す)

 ※再起動のやり方は機種によって異なります。

 iphone3G,iphone3GS,

iphone4,iphone4S,

iphone5,iphone5C,iphone5S,iphoneSE,

iphone6,iphone6plus,iphone6S,iphone6Splusの場合は

以下の方法で再起動がかかります。

 1 電源ボタンとホームボタンを同時に長押しします。

 2 アップルマークが出てきても指を離さず長押ししてください。

 3 アップルマークが完全に消えてから2秒は指を離さないで下さい。

 4 完全に消えたの確認してから指を離し電源ボタンを2秒長押ししてください。

 iphone7,iphone7plus,は以下の方法で再起動出来ます

 1    電源ボタンと音量マイナスボタンを同時に長押しします。

 2 アップルマークが出てきても指を離さず長押ししてください。

 3 アップルマークが完全に消えてから2秒は指を離さないで下さい。

 4 完全に消えたの確認してから指を離し電源ボタンを2秒長押ししてください。

 iphone8,iphone8plus,iphoneX,iphoneXS,iphoneXSMax,iphoneXRは以下の方法で再起動できます。

 1 音量のプラスボタンを押します。

 2 音量のマイナスボタンを押します。

 3 電源ボタンを長押しします。

 4 アップルマークが付いて消えてから指を離します。

 5 2秒ほど待ってから電源ボタンを2秒長押しします。

 ※注意点としては音量のプラス、マイナス、電源ボタンは間隔を開けずスムーズに押してください

 

 

2.液体侵入インジケータを確認                     

確認の仕方とその後の対処

 1   シムピンを用意してください。購入時の箱の中に入っていますが無い場合は安全ピンでも代用できます。

2 シムトレー横に丸い穴がありますので、シムピンをまっすぐ差し込みます。

3 シムトレーが出てきますので取り出して下さい。

4 シムトレーを外した内部の画面側に水没インジケーターがありますので、シールが赤くなっていれば水没です。

 

他にもこんな症状がある方は水没の可能性がありますので

早めにアイフォンドクター立川店にお持ち込み下さい。

 1 カメラレンズに水滴がついている/曇っている

 2 本体が発熱している

 ※水没の可能性が少しでも以下の手順は実行せずに、早めにアイフォンドクター立川店にご相談下さい。

 すぐにご来店が難しい場合の対処方法は以下の通りです。

1 iphoneを風をあてておく

2 充電は絶対にしない

3 パソコンにも繋げない

 

                                         

3 1時間以上の充電

充電コードの断裂や接続チェックも同時に促してください。接続できていると思ってつかないケースもあります。

※こちらは水没や強い落下などしていない場合に限ります。

強い衝撃で落下させてしまった場合や水没(雨に濡れた、水がかかったなども含む)の可能性ががある場合は逆効果なので絶対にやらないで下さい。

                                         

             

4.パソコンのiTuneでリカバリーモードでOS更新

※注意点は復元では無く更新をおして下さい

復元はデータがなくなります。

 iphone6splusまでは以下の手順です

1 iphoneplusまでは以下の手順です。

2 iTunesの最新版をダウンロード、インストールしておく

3 iTunesが起動していたら終了させる。

4 ホームボタンを押しながらパソコンに繋げる。

 

iphone7,iphone7plusは以下の手順です。

1 iphoneplusまでは以下の手順です。

2 iTunesの最新版をダウンロード、インストールしておく

3 iTunesが起動していたら終了させる。

4 マイナスボタン押しながらパソコンに繋げる。

 

iphone8以降は以下の手順です。

1   iTunesの最新版をダウンロード、インストールしておく。

2   iPhone をパソコンに繋ぐ

3   iTunesが起動していなければ起動させる

4   音量アップのボタンを押してすぐ放す

5   音量ダウンのボタンを押してすぐ放す

6   サイドボタン(電源ボタン)を約10秒押し続ける

7   画面が暗くなったらサイドボタンは押し続けたまま、音量ダウンを5秒押し続ける

8   サイドボタンだけ放して、音量ダウンボタンをさらに10秒押し続ける。

9   パソコン上でリカバリーモードのiphoneを見つけましたとポップアップが出たら復元と更新が選べますので更新を押してください。

                                         

             

5.スリープ/スリープ解除ボタンの動作チェック        

以前からスリープボタン、サイドボタンの効きが悪かったことはありませんか?
以前から効きが悪かった場合はボタンの故障で電源が入らない可能性があります。

電源ボタンやサイドボタンが陥没していたり、硬くて押せない場合も故障の可能性がありますのでアイフォンドクター立川店に、相談下さい

                           

6.本体を18度ほどの場所で冷やす

Iphoneは高温ではセーフ機能で温度が下がるまで起動しない事があります。
特に暑い場所で操作している場合や、バッテリーに不具合のある方はiphoneが高温化しやすいので、触ってみて熱いと感じるのであれば、送風で冷やして下さい。

熱による起動不良であれば一時的には起動する可能性が高いです。
バッテリーなどの部品が発熱の原因の場合はまた温度が上がれば起動不良になる可能性がありますので起動してバックアップが取れたらアイフォンドクター立川店で無料の検査をお勧めします。

 

                           

7.本体の湾曲をテーブルに置いてチェック     

本体が曲がっているとバッテリーや基板に損傷があり起動できていない可能性があります。

確認の仕方はiphoneを平らな場所に場所に画面を下にして置いてください。

横から見て湾曲の有無を確認します。
湾曲が確認できた場合は修理が必要ですのでアイフォンドクター立川店にご相談下さい。

基板に損傷が無い場合はバッテリーの交換のみで、すぐに起動が出来る可能性があります。

 

 

8.iphoneドクター立川店に相談

 

上記の対処法で起動が出来ない場合でデータの抜き出し、保護をしたいお客様は
是非iphoneドクター立川店にお任せください。

ここまで試してダメなら物理的な故障をしている可能性が極めて高いです。
専門家による診断と物理的な修理が必要になります。
iphoneの故障でデータを失う方は大勢いらっしゃいます。
失ってしまった原因の一つが諦めてしまう事にあります。

このページを読んでらっしゃる方は、データを諦められず、情報を集めた結果に辿り着いたかと思います。

 

Iphoneドクター立川店はそんな方を応援する企業です。
一人でも多く、大事なデータを無くすことが無いようにと考えております。

皆様がiphoneを快適にお使いいただける、ちょっとしたお手伝いが出来たらと思います。

 

著者プロフィール             

著者:飯田浩章

NECで半導体の製造の経験と趣味のガジェットがこうじて

iphone3GSが販売された時にiphoneの修理業を開業

2009年の開業から早9年立川でiphoneの修理をしています。

年間の修理実績は6000台なので9年で54000台の修理実績を持ちます。

得意な修理は水没修理で、他で治らないと言われた端末は余計にやる気がでます。

修理講習の講師も務めており、今までに数十社の開業のサポートや技術支援を行ってきました。

開業してから続けている事は

お客様と壁を作らないこと。
難しい話で誤魔化さないこと。
お客様との会話を大事にすること。

フランクに接する事

自分も楽しみながら営業する事
お客様目線で最適なアドバイスをすること

こんな事を思いながら営業を続けています。

プロなので修理の腕や部品の質は高くて当たり前だと思っていますので
それ以外で少しでもお客様が安心して気楽に修理できる環境づくりに重きを置いています。

PAGE TOP

ページの先頭へ