立川駅から徒歩3分!iPhone・iPadの修理、買取などのご相談はアイフォンドクター立川店へ

042-512-8500

REPAIR BLOG修理ブログ

容量不足のapple ループ

  • #

    appleループ

2021.07.16
appleループ

appleループとは
システム又は基板に何かしらの異常があり
起動が出来ない状態で発生します。
 
物理的な破損や軽度のシステム破損でのappleループは解消が可能でデータを復旧出来ます。
 
では容量不足でのappleループはどうでしょうか?
 
これは結論から言うとデータ復旧が難しいです。
 
稀に可能なケースもありますが殆どのケースで難しいです。
 
理由はデータの保存領域自体がクラッシュしている可能性が高いからです。
 
データの容量不足は事前に端末に通知がきたり
(ストレージ容量がいっぱいです)
カメラが突然落ちたりするので容量不足の警告が来たら
速やかに容量を開放してあげることをお勧めします。
 
容量を開放しやすいのは使用していないアプリを消すのがいいと思います。
 
空き容量は2GB以上あれば一安心ですが可能であれば
5GB程度は開けているのが望ましいです。
 
容量がある程度空いてきたらgoogleフォトなどの写真保存アプリで写真などは保存して端末から削除して頂ければ殆どの方は大分容量に余裕が出ると思います。
 
そして何よりバックアップはicloudなどで日々取って頂く事が大切です。
 
容量不足のappleループはデータ復旧が困難な事から
当店の記事を読んで頂いた方は是非ループになる前の予防を意識して頂きたいです。
 
appleループになってしまった方は容量不足ではない可能性もありますので
お気軽にご相談下さい。

フェイスブックでシェア
この記事をツイート
LINEで送る
ページの先頭へ
電話でお問い合わせ12:00〜21:00(木曜定休)
メールでお問い合わせ24時間受付