JR立川駅から徒歩3分!iPhone・iPadの事ならお任せ!

HOME > 修理ブログ一 覧 >  iphoneX 水没修理 

iphoneX 水没修理 

こんにちはiphoneドクター立川店の飯田です。

台風の脅威も過ぎ去り、心配したほどの被害は無くて良かったです。

台風が過ぎ去り暑い日が続いていますが、立川店のiphone修理は水没修理がとても多いです。

iphoneXって防水じゃないんですか?
防水だからプールで使ってました。
など誤情報による水没がとても多いです。

iphoneXは防水性能はありますが完全な防水ではありません。

apple公式の発表からですが
iphoneXはIEC規格60529にもとづくIP67等級となります。

これはどれぐらいの性能かと言いますと、まずIPとは?となりますがIPは国際電気標準会議(IEC)の定める保護等級となります。
Pの後が人体と固形物に対する等級を、その後ろが水の侵入に対する等級を表します。
すなわち、IP67とは、6等級の防塵性能と、7等級の防水性能を持つという意味になります。

6等級の防塵性能は粉塵が内部に侵入しない
これはもっとも高い等級となり、粉塵に対しては優秀と言えます。

7等級の防水低能は一等級下のランクになり、【規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない】とされています。
優秀なランクではありますが雨や少し水がかかる程度は平気でしょうが規定の圧力、時間以上の場合は浸水するという事になります。

プールや海で一緒に泳ぐことは想定されていません。

事実アップルはiphoneXの水没は補償対象外とされています。

立川店では来ていただいたお客様にはiphoneXは完全防水では無いので防滴程度と考えて下さいと伝えています。

少し濡れるぐらいは平気だけど、お水は気を付けて下さいと伝えています。

当店に沢山のiphoneXの水没が来るのが答えですよね。

完全防水なら水没が来ません。

今回のお客様もプールで手に持ちながら泳いでいたら電源が入らなくなったとのことで立川店にご来店頂きました。

開封してみると内部にしっかりお水が入り込んでいました。

規定の圧力以上がかかったので内部に浸水したのかと思います。

iphoneXの水没修理の場合はまずは開封して状況確認してからマザーボードを取り外し加熱で水分を飛ばしていきます。

マザーボードの密閉性が高いので内部に浸水するとかなり抜けづらいので洗浄機で超音波洗浄すると余計内部に浸水する可能性があるため
超音波洗浄はせずに乾燥から入ります。

iphoneXの防水性能からもわかる通り基板には浸水しづらいので、基板は水分飛ばししながらその他の部品の洗浄をかけていきます。

起動しない原因が画面やドッグ、バッテリーにあるケースが多いです。

今回のお客様は基板の乾燥とバッテリーの交換で無事に起動し、データを取り出すことが出来ました。

立川店はiphoneの水没修理に強いのでiphoneXの水没でお困りでしたら
是非iphoneドクター立川店にお任せください。

年中無休で立川駅徒歩2分ですよ。

相談、談笑、無料です!!ww

それではまた!!










PAGE TOP

ページの先頭へ